kos詩人11月2日〜

題名:君の言の葉


君の言葉で僕は泣いた。
僕は君の目を見た。

僕はなぜ泣いたのだろう。

君に救われたのか。
君に悪口を言われたのか。

どちらにしても君は僕の大切な人。

だからこそ、泣いたのだ。


題名:誕生日のプレゼント


僕は親に命をもらい、幸せを渡した。
親は僕にプレゼントをくれた。
はじめてのプレゼントなんだったかな?


名前かな。



題名:君の空白


君と手を繋いで歩くときふと思う。

もう片方の手。
誰にも取られないよう。
そっちも繋がせて。

そしたら君と向きあった。
君を離したくない。

君のふところ空いている。
君のふところ飛び込んだ。

それでも君の心は空いている。
他の誰にも入らせない。
すべてを埋めてみせます。



題名:太陽の目


昼間の太陽は見ている。

心の真っ直ぐな人には、
光を渡した。

心の曲がった人には、
影を渡した。

なのに、心の曲がった人の影に隠れてしまった人は見ていない。
でも、我慢して、我慢して、
いつか太陽は気づいてくれるだろう。



題名:時間と幸せの人生


時間は平等と言うけれど、
その中の自由な時間は平等ではない。

幸せは誰にでもつかめると言うけれど、
幸せを掴む為に必要な不幸の量が違うだろう。

幸せは自分で決めるのだろう。

生きる幸せ

人生とは、
知識ある人間に対する試練なのだろう。



コメント

このブログの人気の投稿

kos詩人11月6日〜

kos詩人11月7日〜

11月15~